本文へスキップ

     静岡市清水区の木工道具屋       趣味の木工 手道具、電動工具、材料、関連商品の販売 / 各種木工教室開催

TEL. 054-361-1070

〒424-0114 静岡県静岡市清水区いはら町140-8

工房スタイル

 シャープニング講座 其の1 ボウルガウジ編



不安、苦手意識を抱えたままにしていませんか?  ボウルガウジ。



第一回目の教室のようすをブログで紹介しています。 ⇒ ”ボウルガウジのシャープニング講座はこんな感じでやってます。”(5/15追記)

↓ 講師を務める川口さん本人より、この講座の内容と狙いについてメッセージをいただいたので紹介します。 ↓(4/28追記)



ボウルターニング(器づくり)を楽しむ人たちの中でも最も悩みが多い“うつわの内側削り”に焦点を合わせ、凹円弧とベベルの関係性をフィーチャーし、ボウルガウジの魅力を深く理解する内容です。


・オーソドックスなベベル角度(=45度)で出来ることとその限界。
・他のベベル角度がなぜ必要になるのか?
・1本だけに絞るとしたら何度くらいのベベル角度を持つボウルガウジが自分には合っているのか?
・複数のベベル角度を持つボウルガウジ(2段3段〜ベベル)のスイートサイドとダークサイド(明暗)などなど…

なぜそれが必要なのか?を理解することで臨む形状に改造できるスキルを身につけるキッカケとなる講座を目指します。


さらに刃先形状をサイドグラインド(横に刃をつけたタイプのボウルガウジ)に改造することによるメリットや行うために必要となるスキルを理解し、実際にシャープニングをしながらより深く理解してみましょう。


お帰りになられる時にはカスタムメイクされたボウルガウジが出来上がっているはずですが、お土産を持ち帰ることが大切なのではなく、そのスキルを持ち帰ることで、今後、さらに他のガウジ類(スピンドルガウジやディテール用のガウジなど)をマニアックでユニーク、自分に合った形状改善ができるようになっていただけたらと願います。


記:川口









ボウルガウジとは

木工旋盤でのうつわ作り(ボウルターニング)には欠かせないメインツール。
一言でボウルガウジといっても、その扱い方もシャープニングも追究していけば奥深いものがあります。

ボウルガウジの使い方、シャープニングに不安・疑問・苦手意識を抱えたままにしていませんか?

ボウルガウジのシャープニング技術を身につけたうえで、正しいボウルガウジの使い方を身に付ければ、ボウルターニング上達への近道になるでしょう。


当教室ではこのボウルガウジでのさまざまなシェイプのうつわの”内側削り”と、それに密接に関係する”ボウルガウジの刃先形状と研ぎ”に的をしぼり、一日かけて深く追究していきます。
ボウルガウジのシャープニング実習も行い、日頃の通常の砥ぎから砥ぎ直し・修正・改造・刃先形状を崩さないよう維持していくことなどが自分の工房に帰ってからも一人で出来るようになることを目指します。

ボウルターニングをもっと楽しみたい方、これから始めたい方、すべての方へ
めったにない内容の講座ですのでこの機会にぜひご参加ください。








あなた自身でスタンダードボウルガウジ(左)をご自分の好みや目的に応じてカスタムシェイプしてみましょう!(※写真は一例です)

 

粗番手の砥石でベベル角度の変更&刃先形状の大幅な変更〜バリグラインドジグを使った最終的なかたちづくりまでを通して学んでいただけます。

 

教材のRobert Sorby ショートボウルガウジ 10mmのお代¥7,350コミコミで参加費1万円!
ご自身でカスタムシャープニングして出来上がったサイドグラインドボウルガウジはお持ち帰り頂けます。




進行予定(※ 時間配分は目安です)

10:00〜
オリエンテーション
教材お渡し
Robert Sorby ショートボウルガウジ10mmをおひとり1本ずつ。

午前の部 スタート
ボウルガウジの種類と特徴、ベベルの考え方などの解説から
スタンダードボウルガウジとサイドグラインドボウルガウジそれぞれの構造や特徴、砥ぎ方の違いを学びます。

(シャープニング環境の紹介とカメラ、モニターを使用したデモンストレーションも予定。)

12:30〜
お昼休憩 最大1h。短縮する場合があります。
13:30〜
午後の部 スタート
卓上ベンチグラインダーとシャープニングジグを使って、実際にスタンダードボウルガウジをサイドグラインドボウルガウジにカスタムシャープニングしていきます。

グラインダーやジグの操作方法、安全に関する注意点なども知る事が出来る内容です。

16:30〜
自由時間
川口講師の各種相談受付
(ターニング技術やツール相談など)

17:30

終了

   


お申し込み・お問い合わせはお気軽に
工房スタイル(054−361−1070)まで

 

場所
オフの店 工房スタイル ⇒アクセス
時間
10:00 集合 〜 17:30
(終了時刻は進行状況により多少前後します)
参加費
1万円
定員
5名 開催日と募集状況は教室一覧ページをご確認ください。
主な使用ツール
Robert Sorby ショートボウルガウジ10mm
KERV スロースピードグラインダー(6インチ)
VERIOK バリアブルスピードグラインダー(8インチ)
VERIOK バリアブルスピードグラインダー(6インチ)
ONEWAY ウルバリン グラインディングジグ
ONEWAY バリグラインドアタッチメント
・その他シャープニング関連ツール

定員5名分のベンチグラインダー&シャープニングジグを用意しています。参加者1名が1台、自分専用のシャープニング環境を使用して頂けます。)
持ち物
・セーフティゴーグル(自身の使い慣れたものがあれば)
・ノート、筆記用具
・デジタルカメラ等
(講師の板書や覚えておきたいポイントを記録出来るよう必要に応じて)
食事について
食事は各自でご用意ください。教室内での食事OK。
付近にコンビニ、お食事処あり。
服装について
セーフティゴーグル、防塵マスク等は教室で用意しています。
作業に適した服装でお越しください。(ひらひらの上着やサンダルは禁止です。長髪は束ねるか帽子をご用意ください。)
講師紹介

川口 康 氏(オフ・コーポレイション テクニカルアドバイザー)
さいたま市にて川口工房を運営するウッドターナー。丁寧な説明と熱心な指導が多くの受講者に人気。オフ・テクニカルアドバイザーとしても活躍し、ウッドターニングのテクニックやノウハウを紹介するオフのDVDも手がけるなどマルチな才能の持ち主で、ウッドターニングの魅力をみんなに伝えるプロデューサー的人物。

川口工房 HP

川口工房 ブログ WOODTURNING GATEWAY

バナースペース


工房スタイル

 営業時間
 10:00〜18:00
 店休日
 日曜・月曜・祝日

 TEL
 054-361-1070
 FAX 054-361-1071

〒424-0114
静岡県静岡市清水区いはら町140-8

リンク


スチールショップ工房スタイル HP



2015年木工旋盤作品展
“みんなのウッドターニング展”


2013年木工旋盤作品展&イベント
“ウッドターニングフェスティバル”


2012年木工旋盤作品展 
“うつわ展”